2015/6/29(月) DEVELOPMENTAL/オープントーク「子どもたちがコンピュータと出会うとき」を開催します


img_TOP1
SONY DSC
(photos from www.pekay.jp)

プレゼンター:朝倉民枝(グッドグリーフ)
司会・進行:杉本達應(札幌市立大学)

日時:2015年6月29日(月)13:10〜14:40
会場:札幌市立大学 芸術の森キャンパス A棟ゼミ室1

参加費無料。事前申込要。(申込みは締め切りました)

DEVELOPMENTAL/オープントーク、しばらく間があきましたが、今回は大学を会場に開催します。

今回は、神戸から札幌訪問中の朝倉民枝さんをお迎えします。

朝倉さんは、「ピッケのおうち」、「ピッケのつくるえほん」など、子ども向けの良質なデジタルコンテンツを制作し、各地でワークショップを実践されています。また「ピッケとがーこ」シリーズとして、NHK Eテレ「てれび絵本」でも放映されました。「ピッケ」シリーズの活用事例を通して、コンテンツやアプリ開発の経緯やデザインする上で大切にしていることを紹介していただきます。

朝倉民枝(あさくら たみえ)
クリエイター。株式会社グッド・グリーフ 代表取締役。
子供服デザイナーを経て、1991年より3Dコンピューターグラフィックス制作を始める。
当初は主にテレビの仕事、1994年~98年、富士通(株)「TEO-もうひとつの地球-フィンフィン」にCGディレクターとして参加。その後、インターネットにシフトし、(株)富士通研究所にて、コンテンツの企画、ディレクション、デザイン等を手がける。
日本子ども学会理事。CANVAS(子どもの参加型創造・表現活動を推進するNPO)フェロー。
http://www.goodgrief.jp

主催・お問い合わせ先:
札幌市立大学デザイン学部メディアデザインコース 杉本達應研究室
sugi (at) media.scu.ac.jp
*「DEVELOPMENTAL」は杉本達應研究室の研究プロジェクトです。


コメント